concept

北海道産食材の美味しさを味わえる料理と一緒に…

boulangerie coronのパンが召し上がれます

boulangerie coronのパンは、北海道産小麦100%使用。低温長時間発酵によって小麦が本来もつ美味しさを引き出しています。東京のブーランジェリー「シニフィアン シニフィエ」オーナーシェフであり、業界屈指のパン職人・志賀勝栄氏がグランシェフを務め、いわゆる「朝食用のパン」のイメージにとどまらず、シャンパンやワインに合う「大人のパン」を取り揃えています。

boulangerie coronについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.coron-pan.com/

北海道産ワインをグラスでご提供

北海道は明治時代に開拓使によって葡萄酒醸造所がつくられた日本のワイン発祥地のひとつ。
ぶどう栽培に適した自然条件に技術の発展もあいまって、近年、注目を集めています。

brasserie coronで取り扱うワインは北海道産がメイン。
北海道産食材をふんだんに使用した料理に合わせて気軽にお試しいただけます。
また、ひとりでも多くの方に北海道産ワインの魅力を知っていただきたくて、道内でも珍しい「北海道産ワインをグラスで飲める」お店にいたしました。

さらに、これらのワインは夜だけでなく昼もご提供。
昼夜を問わず食を楽しむためにお酒の力を借りるフランスの食文化のように、料理に合ったワインをいつでも自然体で楽しむスタイルをご提案します。

chef

メインシェフを務めるのは「北海道の農を熟知するシェフ」塚田 宏幸

道内各地の生産者さんと交流を深めながら、地域の食文化の未来を探求し続けているシェフ、塚田宏幸。
食材の産地について深く知り、それを広く伝えることで生産者と消費者をつなごうとしている北海道の農と食の伝道師です。

食関連のイベントや映画の食材コーディネート、国際会議における北海道食材のプレゼンテーションなど多方面で活躍中の彼がbrasserie coronのメインシェフを務めます。
北海道でしか、そして、このレストランでしか出会うことのできない料理を生み出します。

塚田 宏幸Hiroyuki Tsukada

塚田 宏幸

1978年札幌市生まれ。
25歳で農家製チーズの感動的な美味しさに打たれて渡欧。
フランスの山羊チーズ農家に住み込むなどして、生産者や地方料理の魅力に目覚める。
帰国後はその経験から食材とその生産者との交流にこだわり、09年よりBAR「BARCOM(バルコ)sapporo」初代シェフを務めるとともに、北海道ならではの食を追求し、「さっぽろタパス」「さっぽろオータムフェスト」など様々な食関連イベントに携わる。
北海道の料理を国内のみならず海外にも精力的に発信。
「Salone del Gusto & Terra Madre」('10,'12,'14 トリノ)、「AsiO Gusto」('13 韓国)、「Slow Food Asia Pacific Festival Korea」(’15 韓国)にて発表。
北海道空知のワイナリーが舞台の映画『ぶどうのなみだ』('14)には、食材コーディネーターとして参加。

主な活動実績

SLOW FOODの世界食のコミュニティ会議・テッラ・マードレ(2010,2012,2014 / イタリア・トリノ)
AsiO Gusto(2013 / 韓国)
第五回 世界料理学会 in HAKODATE(2015 / 函館)
「Slow Food Asia Pacific Festival Korea」(2015 / 韓国)

エコツーリズム大賞特別賞受賞(2009 / 環境省)
AAOマイスター(2014 AAOエゾシカ料理推進協議会(ベニソン・パートナーズ))

このページの先頭へ▲